【病み付き】世界史のお気に入りの歌・音楽を大紹介!【世界史の有名国歌+暗記用の替え歌】

こんにちは、まこさんです。世界史の勉強歴・指導歴合わせて8年ほどになります。

本記事では

  • 前半:【世界史ならではの国歌たち】
  • 後半:【受験に役立つ世界史の替え歌たち】

でそれぞれまとめます。勉強の気分転換にもなるし、受験に為になる世界史音楽の世界に誘ってあげましょう〜〜。

世界史ならではの国歌たち

歴史とはすでに起きた過去の事実とその積み重ねですよね。世界史ならではの国歌?というと、歴史上に存在したけども今には存在しない国の国歌のことです。

 

今には存在しないとはいえ、今の国の「原型」になる国がほとんどです。その今の姿と照らし合わせてぼけぇ〜〜〜っと聴いてみてください。早速みていきますよ〜。

 

中国(清)国歌「鞏金甌」

www.youtube.com

 

ドゥアーーーーーん!!!

 

「これぞ清」感出てますねww。巨大な中華帝国「清」の姿が頭に浮かんできます。中国「清」の時代は1616年から始まります。まさに激動の時代でした。

 

豪華絢爛で荘厳な宮廷のイメージを掻き立てる国歌。「清」を勉強してる受験生は聴きながらその世界観にひたってみてください🇨🇳

 

神聖ローマ帝国国歌(Holy Roman Enpire)

Anthem of Holy Roman Empire (1797-1806) – Gott erhalte Franz den Kaiser (Vocal)

 

3分クッキングのはじまりか?そんな調子のはじまり。このオーケストラ調で聴き心地がなんかいい。テンションあがりますね。

 

神聖ローマ帝国はローマ帝国を継承する国家として962年成立しました。

f:id:makoto-endo:20180219100305p:plain

神聖ローマ帝国 – Wikipedia

 

この歌の採用時期が1804年で、帝国滅亡の最中にあった頃でした。歌は『皇帝賛美』を全面に押し出して最後の皇帝フランツ2世を讃えます。

神よ、皇帝フランツを守り給え 我らが良き皇帝フランツを!

どんだけやばい状況にあるのかwwww

 

各節の最後にこのフレーズは繰り返されます。国家の滅亡の前兆に皇帝を讃えたり、国民を讃えたり、国を讃えたりするのは歴史の中でしばしば・・・

 

ねぇ???うちらって強いよね???偉大だよね??すごいんだよね??大丈夫だよね??

 

的な 。またフランス人哲学者ヴォルテールは神聖でもなく、ローマ的でもなく、帝国でもないとディスってましたw。神聖ローマ帝国の衰勢を感じてみてください。

 

ソヴィエト社会主義共和国連邦

www.youtube.com

カッコいいいいいいんだけど??

 

ロシア共和国の全身のソヴィエトの国歌。なんだろう、全身が震える感じです。一度聴いてもらうとわかるこの感じ。歴史文脈の政治事情がどうであれただただかっこいい。

 

共産主義のシンボル、『鎌とハンマー』そして『赤い星』も眩しい。鎌は農業従事者、ハンマーは工場労働者を意味します。赤い星は人間の五体を意味します。

 

いかにも共産主義の時代を彷彿とさせるヴィジュアルですね。聴覚でその威風堂々とした音楽を楽しんでもらいたい。そんな僕は朝の目覚めに聴いてた時期がありました。受験期ですねw

 

オスマン帝国軍歌(ジェッディン・デデン)

www.youtube.com

トルコ共和国の前身、オスマン帝国の軍歌です。あのコンスタンティノープルを崩落に至らしめた瞬間の1453年・・メロディー奏でるこの軍歌の中、殺戮が行われたのだそう。

 

敵陣のビザンツ帝国側を音楽で惑わせる戦略でしたね。音楽隊のパレードだと思わせ、実はゴリゴリの急襲部隊。軍歌が轟く中の殺戮のシーンを想像するだけでも鳥肌です。

 

大都市コンスタンティノープルは崩落。オスマン帝国の覇権はこれを機に広がりました。中世から近世まで時代の風雲児だったオスマン帝国のパワーをぜひ感じてみてくださいね。

 

プロイセン聖歌

www.youtube.com

ヨーロッパでの宗教革命が進んだ時期に成立したプロイセン公国。周囲を巻き込んで北ドイツ全体からポーランドまでを統治する王国にまで昇進します。

 

テンポよく明るいマーチ調のプロイセン聖歌からは想像が難しいですが、物凄くパワフルな国力でした。後の首相のビスマルクも鉄血政策を打ち出しますね。この明るく元気のでる曲の裏に潜む軍隊の存在があるのかぁぁと考えてしまいますよね。

 

程よくアドレナリンの分泌を促すリズム。シャキッと体が覚醒してエネルギーに溢れる音楽です。

 

ビザンツ帝国(国歌)

www.youtube.com

ビザンツ帝国はローマ帝国が西と東に分裂した後の東ローマ帝国です。ビザンツとは、都コンスタンティノープルの旧称『ビザンティウム』に由来します。

 

*ビザンツ帝国の盛衰マップは以下の通り

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/40/Byzantine_Empire_animated.gif

東ローマ帝国 – Wikipedia

ビザンツ帝国はギリシャ正教が国教。西ヨーロッパとは全く違う世界観が伝わりますね。厳粛で荘厳なこの音楽のリズムです。教会の中で聴くとまるで昇天しそうな気分になっちゃいますね

 

受験で役立つ!世界史のお気に入りの替え歌

世界史上の国歌はいかがでしたか?休む間もなく、続いては受験で役立つ世界史の替え歌(暗記ソング)をどんどん紹介します

僕が思う良い替え歌の条件は

  1. 誰でも知ってるレベルの有名曲!
  2. リズム・テンポがいい!
  3. 余分な情報がなくスッキリしてる!
  4. 歌だけなのに、世界史重要単語を多くカバー!

です。全体のフィーリングとして「聴いててとにかく楽しい!」が1番ですね。

 

受験生はこの歌をまるごと覚えるだけで得点に繋がる美味しいコーナーですよ!!ではひとつずつみていきます。

 

世界史暗記ソング(ギリシア文化編)

www.youtube.com

 

原曲がGLAYの『HOWEVER』のこの替え歌。聴き心地がすんごく良いこのギリシア文化の替え歌ですが、特にサビの部分が、もはや一問一答レベルに仕上がってます。

 

【サビ】

女流詩人サッフォーは恋愛を

アナクレオン 酒と恋と青春を

ピンダロス オリンピア競技の讃歌を歌って

ギリシアの叙情詩です

 

「一問一答の役割は一体w」と思ってしまうほど、ギリシア文化における作者と作品の対応が歌詞と歌にのせられてます。

 

世界史暗記ソング(古代ローマ文化編)

www.youtube.com

次は『すべての道はローマに通ず』の言葉で有名な古代ローマの文化の替え歌。

 

原曲はスピッツの『ロビンソン』なので、「聴いたことある!」って人はほとんどだと思います。

 

原曲を知ってれば、あとは歌詞をすり替えるだけなので、数回聴いて口ずさむだけで案外覚えられるもの。『ロビンソン』のやっぱりサビはいいものですね〜。

 

【サビ】

ストア派哲学 セネカ 『幸福論』

元奴隷エピクテトス 『語録』

“哲人皇帝” マルクス=アウレリウス=アントニヌスの『自省録』 

あの五賢帝マルクス=アウレリウス=アントニヌスがサビの終わりにきてるとことか!天才!!

 

関連:【自省録】幸せってなんだ?マルクス・アウレリウス・アントニヌスの言葉より【哲人皇帝】 

 

サビの暗記で3人とその名著をも覚えられるので、コスパ良すぎます。

 

高校世界史 イスラーム王朝 覚え歌

www.youtube.com

中央アジアあああアッバーースww

 

超有名曲『千本桜』にイスラーム王朝を埋め込んだ神曲です。

 

イスラーム王朝ってウマイヤ朝とアッバース朝以降からごちゃごちゃ分裂して覚えづらいですが、一気にわかるようになる歌です。

 

あとは各王朝のカリフやスルタンの内政と外政をあてはめるだけで十分点数を稼げるようになります。具体的なイスラーム史の中身の替え歌については以下を聴いてみてください。

 

 

ジズヤ(人頭税)やハラージュ(地租)、イスラームの文化もイブンなんちゃらが多くてごちゃごちゃになってしまいがちですが、リズムで覚えれば怖いもの無しです。

www.youtube.com

 世界史暗記ソング(古代インド史編)

www.youtube.com

ポルノグラフィティの『サウダージ』が原曲の古代インド史の歌。古代史はどの地域もですが、時代幅が広くてイメージが湧きずらいのが難点です。

 

これも素晴らしい替え歌の手にかかればすんなり覚えられます。『サウダージ』のアップテンポな選曲もよくて、曲の始まりの「い〜ん〜だ〜すッブーンーメーい!上流ハラッパー下流モヘンジョ=ダロ〜」からテンション上がりますね。

 

【サビ】 

ガウタマ=シッダールタによって仏教が創始されたの

ヴァルダマーナ ジャイナ教 

二大叙事詩「マハーバーラタ」「ラーマーヤナ」

サビはこんな具合で、古代インド史に最低限必要な事項を網羅してます。こんな替え歌になるなんて、ガウタマ=シッダールタもびっくりですねw

 世界史暗記ソング(ウィーン体制編)

www.youtube.com

『会議は踊る、されど進まず』を象徴するウィーン会議ですが、『会議は踊る、ゆえに進まず』じゃあないのか?!って問題はさておき、素晴らしい歌と歌詞。原曲はmiwaの『春になったら』です。

 

ナポレオン戦争の国際秩序の是正が議論されたウィーン会議ですが、そのウィーン体制の実現までは、ごちゃごちゃ国と出来事が絡んできてもう発狂レベル。

 

国と出来事が対応で結びいた歌詞と歌のおかげで、忘れにくさも抜群。ヘビーローテションをお勧めします。

【サビ】

ドイツのブルシェンシャフトの運動 

カールスバート決議で弾圧 イタリアのカルボナリの運動 

ロシア デカブリストの乱 フランス領ハイチ トゥサン=ルーヴェルチュールの反乱

シモン=ボリバル、サン=マルティン、イダルゴたち ラテン=アメリカ解放 

イギリス 五国同盟抜けた

こんな感じのサビで、国(場所)と出来事(事件)がブロックで覚えられますね、神!

「冷戦」を「天体観測」で覚える

www.youtube.com

みんな大好きBUMP OF CHICKENの『天体観測』で冷戦を。

 

「戦後史ってあんまでる範囲なくね?!」って思いきや、センター試験でも15%は出てくるし、慶應の商学部ではかなり多く戦後史を占めます。

【サビ】

東と西で争って 周りの国を巻き込んだ

終戦を切り裂いて いくつも戦 生まれたよ

平和が僕らを呼んだって 米ソは返事しなかった

「覇権(イマ)」というほうき星 米ソ2人追いかけてた

以下の替え歌も「冷戦周辺の世界情勢」についてです。原曲はポルノグラフティの『アゲハ蝶』。また違ったリズムで口ずさんで覚えることもできますよ〜。

 

www.youtube.com

 

まとめ:どんどん更新するよ〜〜

世界史は楽しく勉強するのが一番!!僕は特にイスラーム王朝の替え歌のシュール加減が好きですww

 

椅子に座って「世界史の一問一答飽きたなあ・・・」という時にぜひ聴いてください

 

世界史の「世界観」がますます濃くなるでしょう。本記事の歌・音楽たちは随時どんどん更新していきます🙂

 

みなさんのおすすめ・お気に入りの「世界史音楽」があればぜひ教えてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました