世界史の「現代史(戦後史)」の独学勉強法と参考書たちまとめ【最低でも12月から勉強を開始】

こんにちは、まこさんです。世界史に携わって早8年です。

 

「現代史」「戦後史」の 対策を進めてますか??

本記事では大学入試世界史の「現代史」「戦後史」を中心に、勉強方法からおすすめの参考書までまとめます 。

現代史の「範囲」と「心構え」

down view of white and blue glass tower in between buildings during daytime

大学受験世界史の「現代史」の区分は第二次世界大戦の終戦の1945年以降から現在の2019年までとされます。

 

現代政治が好きな人にとっては「面白い範囲!!」と感じる一方で、古代の世界が好きな人にとっては「歴史っぽくないからつまらない範囲・・」と感じる好き嫌いの別れる範囲です。

 

世界大戦以降の1945年〜は、戦後処理に始めり、植民地の宗主国からの独立、冷戦、国際協力体制の確立に向けて・・・など今に通じる激動の歴史です。

 

近世近代より国際関係でごちゃごちゃして毛嫌いするのもわからなくないです笑しかし、現代史は私立大学の一般入試や国立二次試験にて、大問まるまる出題されることも多くなりました。

 

世界史を武器に入試を戦うなら入念な対策は必須といえるでしょう。そこで僕は「現代史」を勉強する上でのポイントは下記の3つであると感じます。

 

  1. 早めに「現代史以前」の勉強をかためる!
  2. 「現代史」を勉強する期間を決める!
  3. 「これ!」と決めた教材に絞る!

 

1と2については遅くとも12月までには第二次世界大戦の1945年までの歴史を終えてるといいですね。「現代史の勉強を”いつ”本格的に始めるか?」をスケジュールに組み込んでおくのが理想です。

 

本格的に大学受験を目指す場合(なんとしても難関校!)、高校の授業よりも早めに通史をコンプリートして、復習に徹する姿勢が大切です😌

現代史の勉強法と参考書はこれ!

group of people marching on street

簡潔に言うと受験世界史の中の「現代史」は

  • 通史本の「現代史」の項目
  • 「現代史」に特化した本

を主に用いて対策をしていきます。僕の経験から推奨できる本を紹介しますね。基本的にこれらを何度もインプットし、過去問でアウトプットできれば受験で十分合格点に値する現代史の力をつけることができます。

『神余のパノラマ世界史 近現代』


1〜4巻まである世界史参考書で最もボリューミーの『ナビゲーター』です。僕の大学受験の頃から今においてもず〜〜っと定評の定番の参考書です。

 

受験範囲をもろともカバーする網羅性に加え、初学者でも十分理解できる噛み砕いた具体性のある1冊です。早慶・東大を目指すなら必須の本です。

『ナビゲーター』第4巻のやり方は

  1. 1週目:暗記しようとせず、授業を聞くつもりで丁寧に読む!
  2. 2週目:よくわからない箇所を重点的に、資料集・用語集をフル活用!
  3. 3週目以降:因果関係をパーフェクトに!無限に繰り返し用語の暗記へ!

別冊の問題集をいつでもパーフェクトに埋められる状態が最終目標です。

 

『ナビゲーター』は網羅性は抜群ですが文量も多く相性が微妙…という人や「そもそもセンター試験(共通テスト)のためにしか勉強しない!」と言う人もいるはず。そんな人には『パノラマ世界史』の近現代編がおすすめです。

『ナビゲーター世界史B 4 帝国主義~現代史の徹底理解』


『パノラマ世界史』は上下巻がありますが、現代史は「下」の巻です!!センター試験に標準を合わせ古代から現代までの通史をフルカバーしてます

 

  • オールカラーの地図・年表でヴィジュアルに強い!
  • シンプルに明瞭な語り口調の解説がわかりやすい!

 

が特徴。ナビゲーターよりもカラフルで取り組みやすい参考書です。国際関係が複雑な現代史も本書ならきちんと誤魔化さず整理できます😌

 

現代史もこぼさず、センター試験で満点とるならバイブル的な存在ですね!(僕も徹底的にボコボコに紙もヨレヨレになる程使い込みました)

 

*もっとヴィジュアルの情報があった方がわかりやすい!という人は「資料集」を参照しつつ参考書を読み込みましょう。

関連:世界史のおすすめ資料集!資料集のメリットは大きい【世界史の勉強のお供のひとつです】

『つながる世界史 現代史の集中講義』



代ゼミの佐藤幸夫先生の「現代史の集中講義」です。(ちなみに、僕の予備校時代、授業を受けてました!恩師的存在です!)「読み物」のような話構成で、先生の現代史の解説が盛り込んであります。

 

出来事と出来事の繋がりを丁寧に具体例を交えつつ解説してあり、佐藤先生の指導力の凄さを感じる1冊です。会話調ベースの1冊。大切な箇所にはマーカーや付箋を貼るなどしつつ何度も何度も読み返しましょう。

 

読み返した時に、速く読めるようになっていれば内容がしっかり頭に入っている証でしょう。

補足:動画授業の「現代史」対策もあり

www.youtube.com

安定の「スタディサプリ」の村山先生です。スタディサプリのレビューから復習方法まで、世界史講師として総復習中の僕がまとめました😌

スタディサプリの授業ノート+付属のテキストで十分です。上の『ナビゲーター』と併用することで受験で通用する現代史の力をつけることができます。あとは、、やるのみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました