通史まとめ

通史まとめ

古代イラン(パルティアとササン朝)の興亡とイランの文化【大学受験解説】

古代オリエントの「イラン史」には以下の流れがありました。 メディア(エクバタナ)→ アケメネス朝(スサ)→ アレクサンドロス大王帝国 → セレウコス朝(セレウキア⇨アンティオキア)→ パルティア(ヘカトンピュロス⇨クテシフォン) ...
通史まとめ

古代オリエントの再統一とアケメネス朝ペルシアの盛衰【大学受験解説】

「アッシリア帝国のオリエント世界の統一→4国分裂へ→アケメネス朝のオリエント再統一」の流れがありましたね。 以下の表で「オリエント世界の勢力」をおさらいしましょう!本記事はアケメネス朝ペルシアの再統一について書いていきます。 ...
通史まとめ

古代オリエントの統一と4国分裂時代【大学受験解説】

エジプトから東地中海、メソポタミア一帯は争いの絶えない時代が続きましたが・・ 「シュメール人→アッカド王国→古バビロニア王国(バビロン第一王朝)→ヒッタイト、ミタンニ、カッシート、→アッシリア王国」の流れをおさらいしましょう!...
通史まとめ

東地中海世界の3民族の特徴(アラム・フェニキア・ヘブライ)【大学受験解説】

世界史のオリエントの「東地中海」とは、今のシリア・レバノン・ヨルダン・パレスチナ・イスラエルなどの地域で、前13世紀にセム語系の3民族が活躍します! 東地中海のこの地域には、前1500年頃からセム語系のカナーン人が生活...
通史まとめ

古代メソポタミア文明とオリエントの統一へ【大学受験解説】

メソポタミア最初の統一国家をつくったアッカド人。サルゴン1世が有名でした。 続けば良かったものの、アッカド人の王国は王様の「力」による統治(拷問や厳しい決まり)がいきすぎて統治の機能が弱まっていきます。 シュメール人...
タイトルとURLをコピーしました